すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

鴻巣のビックひな祭り


ひな人形の産地として知られる鴻巣市。
その鴻巣びなは、天正年間(1573~1591)に
京都伏見の人形師がこの地に移り、
瓦びなの製作を始めたのが起源だという。
江戸時代中頃から盛んになり、鴻巣びなとして知られ
関東三大雛市の一つに数えられ、
特に着物の着付けは関東一という評判で、
江戸の職人が修行に来るほどだった。

鴻巣駅の隣にある エルミこうのすショッピングモール
エルミ


日本一高いピラミッドひな壇
メイン会場・鴻巣市役所ロビー
鴻巣1

竹の中のお雛様、まるでかぐや姫みたい
鴻巣3

マウスオン・クリック、3枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

市役所の入口の上にも・・・
鴻巣10
一番上は天井にとどいている。
マウスオン2枚です 
<

鴻巣17
鴻巣18
鴻巣19
所在地・・鴻巣市中央 1-1
ひな祭りの生れ
奈良時代に中国から伝わり、
やがて3月3日に定まった上巳(ジョウシ)の節句の行事。
宮中での身の穢れを払うため、
身代わりの人形(ヒトガタ)を水に流した。
また、「ひひな遊び」という小さな人形を使う遊びが
源氏物語の時代からあった。
この二つが合わさって江戸時代に「ひな祭り」に発展。
京都で発祥し、江戸にも広まった。
人形に様をつけ高い場所にまつるところに
神事が季節遊びにも生きているという。
娘が丈夫に美しく育つようにとの祈りが込められている。

ひな祭りの最初は男雛と女雛だけだったが
やがて段飾りに発展した。
一対の内裏雛は夫婦和合や子孫繁栄を表す。
初めは紙の人形を壁などに立てかける立雛だったが
江戸時代中期に工芸が発展すると座る形になった。
貴族の姿は上流へのあこがれの表現だという。
以前は向かって右が男雛だったが
昭和天皇の即位式にならって左が男雛になったが
京都では昔のままだという。
スポンサーサイト
  1. 2014/03/03(月) 10:57:47|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<鴻  巣 | ホーム | 東京ドーム>>

コメント

圧巻!

 実際にはもっと迫力があるでしょうね。
いろいろなひな祭りの催しものをみますが初めてです。
鴻巣びなというのも初耳なら、鴻巣市というのも初見です。
いい勉強になりました。ありがとうございます。

 また、どのお雛様をみても、顔が品良くていいですね。
  1. 2014/03/03(月) 14:26:32 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
鴻巣まで行ったんですね。
これは以前からよく知っています。
ブログ友達の鉄っちゃんが毎年見せてくれるからです。
凄いですよね。
私も最近鴻巣、北本まで行ったんですけどね。
  1. 2014/03/03(月) 21:29:40 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratanさま
とにかく迫力があります。
写真が未熟なので上手に伝えられませんが・・・
時代や作者によって年齢や服装、表情などが違うので面白いです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
鴻巣は新宿から乗り換えなしで行けるので
もっと早く行けばよかったです。
雨が降っていたのですが、屋内なのでゆっくり楽しめました。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2014/03/04(火) 10:40:33 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます

鴻巣のびっくりひな祭りですね
前に行ってみてきてます
あのピラミッド型高くてびっくりでした
市役所ロビーはかなりの人でした
竹に入ったお雛様もおもしろいですね
  1. 2014/03/05(水) 06:47:32 |
  2. URL |
  3. たなちゃん #c7SWrKlU
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

たなちゃん
本当にびっくりでしたね~
迫力がありました。
階段に飾ってあるお雛様も見事でした。
2階にあがると、あっちにもこっちにもお雛様があって
素晴しかったです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2014/03/05(水) 13:24:11 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/763-eca2f11d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (177)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (17)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR