すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

高野山

高野山 奥ノ院

弘法大師の御廟と灯籠堂がある(世界遺産)。
奥の院まで続く参道は樹齢数百年を越える杉木立が続き、
数多くの歴史にゆかりのある人物の墓石や供養搭、祈念碑、慰霊碑
皇室、公家、大名などの墓が多数並び、
その総数は20万基以上はあると言われている。
奥ノ院1

奥ノ院2

奥ノ院3


色々な企業・業界の供養塔が建ち並ぶ
飛行機関係

しろあり

韓国

ヤクルト

奥ノ院8

写真業界

こんな珍しいのも
クリック・4枚です。
<<
北斗さんのソースをお借りしました

戦国大名の6割以上の墓所がある。
奥ノ院15

奥ノ院17

奥ノ院18

奥ノ院21

奥ノ院22

奥ノ院23

芭蕉の句碑「父母の しきりに恋し 雉子の声」
奥ノ院24

奥ノ院26

奥ノ院27

奥ノ院29

松平秀康(右)とその母(左)
奥ノ院30

奥ノ院32

奥ノ院33

奥ノ院35


奥ノ院39
マウスオン2枚です
体半分のお地蔵さまは、戦時中下半身を供出したそうです。
 

奥ノ院42
川の中に卒塔婆がいっぱい・・
奥ノ院38

弘法大師御廟に続く 御廟橋。
この奥に弘法大師の霊を祀る大師御廟があるが
御廟は大師信仰の中心聖地でここから先は聖域とされ、
写真撮影、飲食、喫煙も禁止。
奥ノ院37
所在地・・和歌山県伊都郡高野町高野山
スポンサーサイト
  1. 2014/05/30(金) 10:15:20|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<吉野山 | ホーム | 高野山>>

コメント

こんばんは

こんばんは。
戦国大名の六割の墓所ですか。
う~ん、なかなか理解が出来ないですけど。
ここにも墓を作ることがステータスだったのかな?
そんな感じですね。
  1. 2014/05/30(金) 21:06:14 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

おはようございます

前に訪れた時は最後の写真のあの橋の向こうは撮影禁止でした
大名のお墓を見てきました
広いですね
杉木立が続いてましたね
芭蕉の句碑もあるのですね
  1. 2014/05/31(土) 07:34:14 |
  2. URL |
  3. たなちゃん #c7SWrKlU
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

自転車親父さま
奥ノ院に至る、入口からはトヨタ、ヤクルト等の有名な企業の供養塔が立並んでいます。
左に曲がって大きな杉木立を奥ノ院に向かって歩いて行くと
伊達正宗、上杉謙信、武田信玄、織田信長や豊臣秀吉、
数えきれないほどの戦国武将や大名の墓があります。
敵も味方もみんな一緒・・・
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


たなちゃん
今も橋の向こうは撮影禁止です。
なんでここに芭蕉の句碑があるのか分かりません。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2014/05/31(土) 15:10:48 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

高野山

 どれだけ広いのでしょう。
精力的に、上手に歩かないと救急車が迎えに来るようになりそう。
深い木立だからまだ救われるのでしょうが、夏に行くところじゃないようですね。

 企業の供養塔は、何のためでしょう?
理解できたのはシロアリだけでした。
供養塔って供養するために建てるのじゃないのですか???
私の認識が間違っているようですね。

 高野山は鎌倉期までとイメージしていましたが、驚きました。
関係の墓碑などからは名古屋以西の印象を受けましたが、すたさんの印象はどうでしたか。
  1. 2014/05/31(土) 16:09:35 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratanさま
なんたって山一つ全部ですからね~
私が訪ねたのはごく一部だったでしょうし、しかもバスでの移動です。
歩いて廻ったら数日かかるかもしれません。
4月の初めでも雪が降り、霜やつららができるくらいですから
夏は涼しいんじゃないでしょうか?
企業の供養塔、何なんでしょう~
山内を維持するための基金集めの代償でしょうか
かなりの企業の供養塔がありました。
高野山は今なお健在です。
宿坊にも個人、団体を問わずに沢山の人たちが宿泊するみたいだし
四国遍路結願のお礼詣りに詣でる人たちも後を絶ちません。
高野山にはなぜだか、日本中の武将・大名のお墓があるので
詣でる人たちも各地から見えるようです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2014/05/31(土) 19:33:38 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/814-96475383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (278)
  旅   (166)
街道巡り (335)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (12)
加  工 (0)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR