すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

吉野山


高野山駅から
高野山駅

ケーブルカーで極楽橋へ
ケーブルカー

そこから展望列車「天空」で橋本駅まで
マウスオン2枚です 
<
車 内
天空3

天空4

橋本駅

バスで吉野山へ向かう
バス


吉野山とは、1つの峰を指す名称ではなく、
金峯山寺をはじめ吉水神社、如意輪寺、竹林院、桜本坊、喜蔵院、
吉野水分神社、金峯神社など多くの社寺が点在する山地の広域地名のこと。

下の千本桜
マウスオン・クリック、3枚です 
<


金峯山寺 (キンブセンジ)

参 道
参 道

マウスオンして下さい。

大橋1

黒 門
マウスオン2枚です 
<

銅鳥居(カネノトリイ)
聖地への入口、俗界と聖地の境界を象徴する建造物。
鳥居の柱が蓮台の上に立っているのは、神仏習合の名残り。
この鳥居は室町時代の再興。
銅鳥居

仁王門  国宝
入母屋造、本瓦葺きの二重門。
室町時代の康正2年(1456)の再興。
本堂が南を正面とするのに対し、仁王門は北を正面とし、
互いに背を向けるように建っている。
これは、熊野から吉野へ(南から北へ)向かう巡礼者と
吉野から熊野へ(北から南へ)向かう巡礼者の双方に配慮したため
仁王門

本 堂 (蔵王堂) 国宝
開基は、役行者(エンノギョウジャ)と知られる役小角。
本尊は蔵王権現と伝えられる。
山上ヶ岳の大峯山寺本堂(山上の蔵王堂)に対し、
山下(サンゲ)の蔵王堂と呼ばれる。
屋根は入母屋造檜皮葺き、2階建てのように見えるが
構造的には一重裳階(モコシ)付き。
天正19年(1592)豊臣家の寄進で再興された。
蔵王堂

鐘楼
鐘 楼

威徳天満宮
平安時代の天徳3年9月5日に鎮座。
今から千年あまり昔、日蔵道賢という僧が
大峯山中の笙の窟という所で修行中のある日、
急に仮死して閻魔宮へ行ってしまい、
そこで冥土をさまよっている天子の衣服を着けた人に出会ったので、
わけをきくと「自分は延喜の帝(醍醐天皇)である。
生前は善政を行ったつもりだが、ただ藤原時平の告げ口によって、
菅原道真を九州の太宰府へ流してしまった。
その罪によって死後の苦しみに会っている。
生前、私が師と仰いだ上人よ。再び生き返って道真の霊を祀って欲しい。
そうしたら私はこの苦しみから救われるだろう。」
といわれたと思うと、日蔵はこの世によみがえった。
日蔵上人は修行を終えると吉野山へ帰り、威徳天満宮として祀った。
天満宮1

天満宮4 天満宮5
天満宮2
所在地・・奈良県吉野郡吉野町吉野山

役行者(エンノギョウジャ) 役小角

国土の7割を山地が占める日本においては、山は古くから聖なる場所とされていた。
中でも奈良県南部の吉野・大峯や和歌山県の熊野三山は、
古くから山岳信仰の霊地とされ、山伏、修験者などと呼ばれる
山林修行者が活動していた。
こうした日本古来の山岳信仰が神道、仏教、道教などと習合し、
日本独自の宗教として発達をとげたのが修験道であり、
その開祖とされているのが役小角。
7世紀前半に今の奈良県御所市に生まれ、
大和国と河内国の境にある葛城山(現在の金剛山・葛城山)で修行し、
様々な験力(超人的能力)をもっていたとされる伝説的人物。
奈良県西部から大阪府にかけての地域には金峯山寺以外にも
役行者開創を伝える寺院が数多く存在する。
続日本紀の文武天皇3年(699)の条には、
役小角が伊豆へ流罪になったという記述がある。
このことから役小角が実在の人物であったことは分かるが、
正史に残る役小角の事績としては続日本紀のこの記事が唯一のもので、
彼の超人的イメージは修験道や山岳信仰の発達とともに
後世の人々によって形成されていったもの。
金峯山寺は役行者が創立した修験道の根本寺院とされているが、
役行者自体が半ば伝説化された人物であるため、
金峯山寺草創の正確な事情、時期、創立当初どのような寺院であったか
などについては不詳。
金峯山寺および大峯山寺の本尊であり、
中心的な信仰対象となっているのは蔵王権現という、
仏教の仏とも神道の神ともつかない、独特の尊格。
金峯山寺の本尊は3体の蔵王権現で、その像容は、
火焔を背負い、頭髪は逆立ち、目を吊り上げ、口を大きく開いて
忿怒の相を表し、片足を高く上げて虚空を踏むもの。
インドや中国起源ではない、日本独自の尊像であり、
密教彫像などの影響を受けて、日本で独自に創造されたものと考えられる。
蔵王権現は役行者が金峯山での修行の際に感得した
(祈りによって出現させた)ものとされている。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/01(日) 10:08:00|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<旧岩崎庭園 | ホーム | 高野山>>

コメント

こんちわです
高野山で見る歴史面白いですね
一時期神仏が融合しかけたこともあるんですね
四国の観光電車面白いですね
こういう仕掛けが乗降客を増やしますね
  1. 2014/06/01(日) 15:58:33 |
  2. URL |
  3. もひかん鉄っちゃん #1Tmake9s
  4. [ 編集 ]

いよいよ吉野ですか

 高野山から吉野への経路がとてもわかりやすいですよ。

 「神道、仏教、道教などと習合し、日本独自の宗教として発達をとげたのが修験道であり、」・・・。
修験道とは修行・修練の方法くらいにしか考えていませんでした。
大きな知恵が付きました。ありがとうございます。

 蔵王権現、耳新しく、記憶いたします、
  1. 2014/06/01(日) 16:45:14 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

高野山駅からケーブルカーで素晴らしい展望だったように見えます。吉野山の歴史もよくしらべましたね。
  1. 2014/06/01(日) 19:10:14 |
  2. URL |
  3. いどきち #7m7FfJcE
  4. [ 編集 ]

こんばんは~すたさん(*^^)v
高野山は 今から20年以上も前に
息子三人を連れながらキャンプして
行った覚えが・・・良い所ですね。
展望列車に乗ってみたいですよ~~~~
  1. 2014/06/01(日) 20:35:30 |
  2. URL |
  3. daiku56 #tHX44QXM
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
座席が片側を向いた電車は面白いですね。
確か踊り子号もソウだったと思ったけど。
  1. 2014/06/01(日) 21:26:21 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #fh7wazPw
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

鉄っちゃん
神仏習合だの神仏分離だの、宗教が政治の具にされて・・・
教えの違う宗派がくっついたり・・不思議ですね。
天空からの眺めは絶景でした、のに写真撮るのを忘れてたのは残念です。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


noratanさま
蔵王権現は、インドに起源を持たない日本独自の仏だと伝わります。
修験道の開祖・役小角が、吉野の金峯山で修業中に示現した釈迦如来、
千手観音、弥勒菩薩の三尊の合体したものともいわれます。
でも釈迦はインドの仏で、千手観音や弥勒菩薩は
釈迦が説いた仏教の中の菩薩・・
書いていて、訳がわからなくなります。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


いどきち様
ケーブルカーも展望列車も、素晴らしい眺めでした。
なのに写真を撮っていません(泣)
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


daiku56 さま
高野山でキャンプができたんですか~
いい思い出ですね~
展望列車、素晴らしい眺めでした。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
天空は、谷の方に向いている座席と
テーブル席の2種類があって、私はテーブル席の崖側でした。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


  1. 2014/06/02(月) 12:44:36 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/815-8f5fd8db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (278)
  旅   (167)
街道巡り (349)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (15)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR