すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

高野山

高野山

和歌山県伊都郡高野町にある標高約1,000m前後の山々の総称。
平安時代の弘仁10年(819)頃より弘法大師空海が
修行の場として開いた高野山真言宗、比叡山と並び日本仏教における聖地。
現在は壇上伽藍と呼ばれる根本道場を中心とする
100ヶ寺以上の寺院が密集する日本では他に例を見ない宗教都市。
山内の寺院数は金剛峯寺をはじめ117ヶ寺に及び、
その約半数が宿坊を兼ねている。
平成16年(2004)高野山町石道と山内の6つの建造物が
熊野、吉野・大峯と共に紀伊山地の霊場と参詣道として
ユネスコの世界遺産に登録された。

金剛峯寺 (コンゴウブジ)
金剛峯寺1

正  門
金剛峯寺の建物の中で一番古く、文禄2年(1593)の再建。
金剛峯寺2

本殿 大玄関
現在の本殿は文久3年(1863)の再建
金剛峯寺4

屋根の上についている天水桶
金剛峯寺の屋根は檜皮葺で、その屋根の上に桶が置かれている。
これを天水桶という。
これは普段から雨水を溜めておき、火災が発生した時に、
火の粉が飛んで屋根が燃えあがらないように桶の水をまいて湿らし、
少しでも類焼を食い止める役割を果たした。
金剛峯寺3

マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<
所在地・・和歌山県伊都郡高野町高野山 132

総本山金剛峯寺という場合、高野山全体を指す。
普通、寺といえば一つの建造物を思い浮かべ、
その敷地内を境内というが、高野山は「一山境内地」といい
高野山の至る所が寺の境内地であり、高野山全体が寺。
高野山の本堂は、大伽藍にある金堂が一山の総本堂。
高野山の重要行事のほとんどは、この金堂で執り行われる。

スポンサーサイト
  1. 2014/05/25(日) 09:57:44|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<高野山 | ホーム | 高野山>>

コメント

こんにちわ
高野山が山全体がお寺とは@@
初めて知りました
山岳信仰の影響とかもあるのでしょうか
屋根の上に水ためがるのも
びっくりです
  1. 2014/05/25(日) 13:49:41 |
  2. URL |
  3. もひかん鉄っちゃん #1Tmake9s
  4. [ 編集 ]

真言宗の力?

 これだけの施設や僧侶や雑役の人たちを支える真言宗というのはすごいのひと言につきますね。
ここも行ったことがありません。
 今、小松左京の「果てしなき流れの果てに」というSF小説を読んでいます。
3回目です。100ページ近辺ですがほとんど記憶が蘇りません。
葛城山が舞台のようです。
  1. 2014/05/25(日) 15:48:08 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
ここは凄いですね。
行ったことがありませんけど。
私の実家は真言宗です。
真言宗の聖地なんですよね。
  1. 2014/05/25(日) 18:39:42 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

鉄ちゃん
山全体がお寺・・私も初めて知りました。
高野山には、お寺だけでなく一般の人も住んでいるし
商店もありますが、土地はみんな高野山のものなんですって!
魚屋さんや肉屋さんは道筋にはなく
路地を入った裏手にあるんだそうです。
高野山に住んでいる人口、約4000人くらいのうち
僧侶でない人は半分くらいだそうです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


noratanさま
山全体が一つの町になっていて、その約半数が僧侶だそうです。
修業のために僧侶が生活をするようになって
食料や日用品を扱う商人などが住むようになったのでしょうか?
土地は高野山のものだといいますから地代を払っているのかな~ 
なんて下世話なことを考えちゃいました。
noratanは良く本を読みますね~
私は老眼もあり持久力はなし、ほとんど読まなくなりました。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
山内を移動するのはバスでした。
今回歩いたのは、ごく一部だと思います。
2・3泊してゆっくり滞在してみたいです。
真言宗の家は多いですね。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。

  1. 2014/05/26(月) 11:43:37 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/816-e6eefcb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (177)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (16)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR