すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

九州の街道を巡る (唐津街道~平戸街道)  佐賀 

伊万里

鍋島藩窯として栄え、300有余年の歴史を誇る。
伊万里焼は、有田を中心とする肥前国(現代の佐賀県および長崎県)で
生産された磁器の総称で、製品の主な積み出し港が伊万里だったことから、
伊万里焼と呼ばれたが、有田焼、三川内焼、波佐見焼なども含む。
マウスオンして下さい。


マウスオン2枚です 
<
橋の両側の欄干には、大きな壺が・・そしてその上には狛犬がいる。
マウスオン2枚です 
<
マウスオン2枚です 
<

伊万里7

伊万里8

伊万里9

伊万里10

伊万里11

伊万里12

登り窯     クリック・3枚です。
<<
平 窯
伊万里16

マウスオン2枚です 
<

伊万里19

伊万里20

伊万里21
所在地・・佐賀県伊万里市大川内
佐賀藩(鍋島藩)の藩祖鍋島直茂は、
豊臣秀吉の朝鮮出兵に参加し、朝鮮から多くの陶工を日本に連行した。
これらの陶工によって有田における磁器製造が開始された。
朝鮮出身の李参平(日本名金ヶ江三兵衛)が
有田の泉山で磁器の原料となる磁土を発見し、
元和2年(1616)に有田東部の天狗谷窯で磁器焼造を始めた。

1610年代から1630年代頃までの初期製品を陶磁史では初期伊万里という。
この時期の製品は、白磁に青一色で模様を表した染付磁器が主で、
絵付けの前に素焼を行わない「生掛け」技法を用いている。

初期の磁器は、砂目積みという技法が使われている。
砂目積みとは、窯焼き時に製品同士の熔着を防ぐために砂を挟む技法で、
中国製の磁器にはみられない朝鮮独特の技法である。
このことから、朝鮮から渡来の陶工が生産に携わったことが明らか。
一方、当時の朝鮮半島の磁器は、器面に文様のない白磁だったので、
呉須(コバルトを主原料とする絵具)で文様を描く染付の技法や意匠は
中国由来(中国出身の陶工作)のものであると考えられる。

スポンサーサイト
  1. 2014/07/24(木) 09:58:34|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6
<<九州の街道を巡る  (唐津街道~平戸街道)     | ホーム | 九州の街道を巡る (唐津街道~平戸街道)  佐賀>>

コメント

なつかしいなあ

 いつも同じコメントでごめんなさい。
実感ですから許してください。
唐津から伊万里を通って、有田、佐世保、平戸などに行きました。
通りすがりの町だったので、にぎやかな町の様子をみたことはありません。
当時、有田焼は誰もが話題にしましたが、伊万里焼はあまり耳にした事はありませんでした。
一度くらい昼食でもとればよかったと後悔しています。
 薩摩藩はたくさんの朝鮮から陶工を連れてきたと聞いていましたが、有田・伊万里もとは驚きです。

 背景の山の形は記憶にあります!
  1. 2014/07/24(木) 19:24:18 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
伊万里にいかれましたか。
私は以前に陶磁器に凝ったことがあります。
おもにヨーロッパの磁器ですけどね。
カップ&ソーサーを少し集めた程度です。
当時のヨーロッパには磁器がありませんでした。
彼らは日本や中国の磁器に強い憧れを持っていたのです。
絵付けの柄にも東洋的ながらが多いのですよ。
ヨーロッパの王様たちはみな王立の窯を作っていました。
日本も藩のお抱えの窯があったのですね。
  1. 2014/07/24(木) 21:56:02 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

こんにちは

昨日今日と猛暑ですね
まだつづきそうです
熱中症にならないように気をつけたいですね

今度は佐賀県、長崎県ですか
よく歩かれますね
行ったことのないところを見させていただきありがとうございました



  1. 2014/07/25(金) 16:30:30 |
  2. URL |
  3. たなちゃん #c7SWrKlU
  4. [ 編集 ]

すたさん

こんばんは
お暑い毎日ですがお元気ですね。
佐賀の方にお出かけでしたか。
器だけでなく街並みも風情があって
素敵なところのようですね。
  1. 2014/07/25(金) 22:15:26 |
  2. URL |
  3. Yu #TRdpu6aY
  4. [ 編集 ]

こんばんわ
伊万里焼の由来なんですね
勉強になりました
それにしてもここの写真見ると
写欲がわきます
カラーとモノクロと両方で撮り歩きたいです
  1. 2014/07/26(土) 20:07:20 |
  2. URL |
  3. もひかん鉄っちゃん #1Tmake9s
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratanさま
有田には随分前に行った事があります。
観光客も多く賑やかだったように思いますが、伊万里は静かな町でした。
陶器のかけらでできた欄干や、案内板など、さすが磁器の町です。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
ヨーロッパの磁器が中国、日本から渡ったとは知りませんでした。
昔、フランスに行った時に、高いカップやお皿を買ってきました。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


たなちゃん
あっつ~いです。。。
外に出るとサウナに入っているようです。
たなちゃんもよく歩かれますが、お互いに体にだけは気をつけましょうね。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


Yu 様
伊万里焼は高くて買えませんでしたが
伊万里の町は静かで風情があって素晴らしい町でした。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


鉄っちゃん
伊万里は自然に囲まれた素晴らしい町でした。
一日いても飽きないと思います。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。

  1. 2014/07/28(月) 04:06:44 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/839-faa23c32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/07/25 09:01)

伊万里市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014/07/25(金) 09:01:06 |
  2. ケノーベル エージェント

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (278)
  旅   (167)
街道巡り (348)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (15)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR