すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

九州の街道を巡る  (唐津街道~平戸街道)  長崎

平戸城

江戸時代には平戸藩松浦氏の居城だった。
亀岡城、亀甲城、日之嶽城ともいう。
平戸島の北部、平戸市街の東部に位置し平戸港を見下し
対岸の九州本土を望む平戸瀬戸に突き出た丘陵上にある。
三方を海に囲まれ天然の堀としている。
丘陵の頭頂部に本丸が築かれ、その南側に二の丸、
東側に三の丸が配された梯郭式の平山城。
最初は安土桃山時代の末期に松浦鎮信によって築かれたが破却され、
江戸時代中期になって再建された。
再建にあたっては山鹿素行の軍学に沿って縄張りがなされた。
平城の赤穂城と並んで、平山城では唯一の山鹿流による城郭である。
平戸城1

狸櫓
正しくは多門蔵であるが、これまで誰も多門蔵とは呼ばず
狸蔵とばかり呼ばれてきた。
その由来は、櫓の床下に狸が住みだした。
天保初年(1830年頃)櫓の修理のため床板を全て剥ぎ取った。
するとある夜、小姓に化けた狸が藩主の寝所にやって来て、
我ら一族を櫓に棲ませて頂きたい、そうすれば城を永代守護すると嘆願したので、
翌日、床を元通りに戻してやったと言う。
これ以後、この櫓は狸櫓と呼ばれるようになったという。
マウスオン2枚です 
<

平戸城7

平戸城6

平戸城8

マウスオン2枚です 
<

平戸城11

平戸城12
所在地・・長崎県平戸市岩の上町
スポンサーサイト
  1. 2014/08/03(日) 09:51:01|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<九州の街道を巡る (唐津街道~平戸街道)  長崎 | ホーム | 九州の街道を巡る  (唐津街道~平戸街道)  長崎>>

コメント

こんちわです
最後の2枚こんなところにお城が建ってるんですね
ヨーロッパの居城のようです^^
ここに建てたのは海からの侵入者対策や
やはり入りこみにくからですかね
  1. 2014/08/03(日) 11:06:38 |
  2. URL |
  3. もひかん鉄っちゃん #1Tmake9s
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんにちは。
立派なお城ですね。
狸が守ったので今も健在なんですね。(笑)
  1. 2014/08/03(日) 16:35:40 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

平戸城

 天守閣にぼんやり記憶がありますが、勿論、言ったことはありません。きっと、パンフレットでしょう。
結構、立派なお城ですね。
  1. 2014/08/03(日) 19:57:00 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
平戸に行かれたのですね。見るとこいっぱい
で大変ですが、できれば教会も・・
ザビエル記念聖堂だけじゃ、もったいない。
でもツアーだと無理かなー・。
  1. 2014/08/03(日) 21:29:17 |
  2. URL |
  3. 枯雑草 #HHMXdmBQ
  4. [ 編集 ]

タヌキ!

そう言われてみると、そんなイメージもあるような。。
想像してしまいますね(笑)
  1. 2014/08/03(日) 22:36:10 |
  2. URL |
  3. ふくやぎ #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

鉄っちゃん
平戸湾の突端に建っていました。
もちろん敵からの攻撃を防ぐためだと思います。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
明治の廃城令によって狸櫓と北虎口門だけを残して
他の建物は壊されました。
昭和37年に模擬天守、見奏櫓、乾櫓、地蔵坂櫓、懐柔櫓が復元されたそうです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


noratanさま
きっと素晴らしいお城だったと思います。
明治の廃城令で全国の美しいお城が沢山壊されたことが
残念でなりません。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


枯雑草さま
そうなんです。
街道を巡るツアーなので・・・
いつか五島列島の教会を巡るツアーに参加したいです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


ふくやぎ様
狸櫓なんて初めて聞きました。
説明を聞いたら、な~るほど・・・
色々な言い伝えがあるんですね~
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。

  1. 2014/08/04(月) 13:38:25 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

私も城のコレクターでもあります。
井戸八コレクションに載せてあります。
↓の記事で、六角井戸が気になりました。
尾道にもありました。
  1. 2014/08/04(月) 17:24:25 |
  2. URL |
  3. いどきち #7m7FfJcE
  4. [ 編集 ]

こんばんは

平戸城ですか。
黒の板と白のしっくいの対比が美しいですね。
廃城令とはまた何とも残念なおふれがあったのですね。
日本中のお城を再建してほしいものです。
  1. 2014/08/04(月) 20:55:21 |
  2. URL |
  3. KAZ #-
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

いどきち様
平戸には六角井戸やオランダ井戸など色々な井戸がありました。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


KAZさん
はい、とても素敵なお城でした。
日本百名城といっても、当時のままの建物はいくつもなく、
復元されたものが大半ですが、石垣だけの城址を見ると、
復元したのでも建物があった方が当時を偲ぶことができます。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2014/08/05(火) 10:51:58 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/845-24921b5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (293)
  旅   (183)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (13)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (18)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR