すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

九州の街道を巡る (長崎街道~島原街道)  長崎   

大村純忠史跡公園
大村純忠が亡くなる前の2年間キリスト教信仰の生活を送った屋敷跡。
戦国時代の大村領主、島原の有馬家から養子として大村家に迎えられ、
大村家を継ぎ領主となった。
佐賀の龍造寺氏、平戸の松浦氏、武雄の後藤氏などと闘い
大村湾を取り巻く領土を確立した。
特に後藤貴明は、大村家に生まれながら純忠のために後藤家に養子に出されたため、
終生、純忠に対して敵意を持った。
純忠は、貿易港として横瀬浦、福田、そして長崎を開港して南蛮貿易を行い、
また、キリスト教を受け入れ、日本初のキリシタン大名となり、
日本初のヨーロッパ公式訪問団である天正遣欧少年使節を派遣し
当時世界最高の技術と知識を大村に持ち帰らせるなど
歴史に残る多くの事業を行った。
純忠はこの地で亡くなり、三城城下の宝生寺に埋葬された。
大村純忠史跡公園2

大村純忠史跡公園3
所在地・・長崎県大村市荒瀬町1116

天正遣欧少年使節像 (テンショウケンオウショウネンシセツ)
長崎市街から長崎空港へ渡る箕島(ミシマ)大橋のたもとに、
南蛮の衣装に身を包んだ4人の少年の像がある。
少年使節
天正10年(1582)九州のキリシタン大名、大友宗麟・大村純忠
有馬晴信の名代としてローマへ派遣された4名の少年を中心とした使節団。
天正18年(1590)に帰国。
使節団によってヨーロッパの人々に日本の存在が知られる様になり、
彼らの持ち帰ったグーテンベルク印刷機によって
日本語書物の活版印刷が初めて行われキリシタン版と呼ばれた。

クリックして下さい⇒天正遣欧少年使節


矢上宿  矢上神社
弘安4年(1281)元寇の国難に当たり、国家鎮護の神として創建。
長崎で屈指の古社で矢上の地名の起源である。
勝海舟やシーボルト、坂本龍馬たちが昼食をとった事でも有名。
クリック・5枚です。
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

矢上7 矢上8
矢上9
所在地・・長崎県長崎市矢上町 322
スポンサーサイト
  1. 2014/09/03(水) 10:01:23|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<九州の街道を巡る (長崎街道~島原街道)  長崎  | ホーム | 九州の街道を巡る  (長崎街道~島原街道)  長崎   >>

コメント

天正遣欧少年使節のその後のこと。
あまり知られていませんね。
歴史に「もしも・・」はありませんが、
でも考えてしまいますね。
  1. 2014/09/03(水) 16:15:44 |
  2. URL |
  3. 枯雑草 #HHMXdmBQ
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
しかし良く戻れたですよね。
当時の交通手段とかを考えると確率が低そうですけどね。
どうでしょうか?
もしかするともっとたくさんの使節団が送られていた?
しかしたどり着かなかったとか。
  1. 2014/09/03(水) 19:53:36 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

こんばんは

矢上神社の狛犬がとても愛らしいな。
ペットにしたくなるような。
江戸狛犬のようですね。
  1. 2014/09/03(水) 21:25:01 |
  2. URL |
  3. いどきち #7m7FfJcE
  4. [ 編集 ]

さすがふるさとですね

 じっくり読ませていただきました。
ありがとうございました。
長崎、雲仙、佐世保、平戸などの名前が通っているものですから、鍋島藩の内かと思っていました。
1日と3日投稿のブログから、寧ろ大村が中心地だったのだと認識を改めました。
 宗教に政治が絡むと本当に悲惨ですね。
遣欧少年使節団のこと、感慨深く読ませていただきました。
  1. 2014/09/04(木) 16:12:53 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

枯雑草さま
そうですね。
もしも、秀吉や家康がキリシタン弾圧をしなかったら
折角長い月日をかけて学んできたことを
違う形で世の役に立てられたかもしれません。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
当時の船でローマまで行けたな~と思いますし
また良く帰って来られたものだと思います。
ちゃんとした地図もなく、羅針盤もなかったでしょうから・・・
天正遣欧少年使節に習って多くの使節団が海を渡ったと思います。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


いどきち様
鳥居の所にもいたのですが、撮り忘れました。
この狛犬は拝殿の前にいました。
可愛いですね~
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


  1. 2014/09/05(金) 09:23:40 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratanさま
為政者は僧侶を頼りにしていたのでしょうね。
政治の影に宗教(僧侶)ありとでもいいましょうか。
世の平穏を願う寺院が僧兵をもち、闘ったのですよね。
今でも宗教戦争はなくなっていません。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2014/09/05(金) 09:28:26 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/858-cbe1ead5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR