すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

九州の街道を巡る   長崎街道~島原街道  長崎 

出島
寛永13年(1636)江戸幕府の鎖国政策の一環として
中島川河口に築造された扇型の人工島、面積は3969坪。
寛永18年~安政6年(1641-1859)まで、対オランダ貿易が行われた。
出島

表 門
江戸時代、対岸の江戸町側から入る唯一の出入口
出島31

西側から見た出島
出島2

水 門 (島の西端部)
荷揚げ門  (門前は荷捌き用の広場と階段状の桟橋になっていた)
出島3

築造当初の石垣
出島4

天秤量り
出島5

瓦敷きの側溝
出島6
出島7

一番船船頭部屋
オランダ船船長の宿泊所および商館員の住まい
出島8

ヘトル部屋  (商館長次席の住まい)
出島9

一番蔵  (主に砂糖を収蔵)
出島11

二番蔵  (主に染料の原料になる、蘇木を収蔵)
出島34

三番蔵  (主に輸入品の砂糖や個人商売用の脇荷などを収蔵)
出島33

拝礼筆者蘭人部屋
帳簿などの筆記を行うオランダ人の首席事務員の住まい
出島32

カピタン部屋  (商館長の住まいと客をもてなす場)  
マウスオン2枚です 
<

新石倉 (慶応元年に建てられた石倉を再建)
出島13

乙名(オトナ)部屋  
出島乙名の住まい、金庫番役人の仕事場、見張り番人の詰所
出島17
出島20

料理部屋
出島19
出島18
出島21

旧石倉 (考古館)   輸出品の倉庫
マウスオン2枚です 
<

陶製の門柱
出島15

キャピタン橋と葡萄棚
マウスオン2枚です 
<

日時計
出島24

シーボルト里帰りの植物
出島23

長崎内外クラブ
出島27
出島28
彫刻・・運命の船   作・玄武岩
この作品は出島の過去と現在と未来を表現する3つの部分に分かれている。
過去の部分は17世紀の木造船の船尾と大きな波の形で、
船がいくつもの大洋を渡ってきたことを象徴している。
現在の部分は、出島が時の波に取り囲まれていることを象徴している。
未来の部分は、われわれの未来を象徴した世界に波が打ち寄せている形で
全体としては船首の形をしている。
これら3つの部分をあわせると、石の全体は船のイメージになる。
過去から現在、そして未来へとうねる時の波に乗って旅行する
この船の形は出島の歴史を象徴している。  (説明板より)
出島29

旧出島神学校
明治11年に建てられた現存するわが国最古の
キリスト(プロテスタント)教の神学校
出島30
所在地・・長崎県長崎市出島町 6-1
ミニ出島
8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/09/11(木) 10:00:22|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<九州の街道を巡る   長崎街道~島原街道  長崎 | ホーム | 九州の街道を巡る (長崎街道~島原街道)  長崎>>

コメント

出島って現存していたんですね!

 前にも触れましたが、私が博多に勤務している頃、長崎はよく行きました。
きょう見させていただいた所は一度も行ったことがありません。
まったく後悔しています。
ミニ出島は素晴らしいですね。
長崎内外クラブの明治30年代といえば、鹿鳴館時代でしょう、長崎は原爆が投下されるまでは日本の最先端を行っていたのですね。
本当にありがとうございます。
  1. 2014/09/11(木) 14:14:37 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
ここは行ったと思いますけど。
ほとんど記憶がありません。(笑)
会社の旅行だったんです。
  1. 2014/09/11(木) 22:27:24 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

おお!

こんなに残っているのですね!
当時は活気があったのでしょうね。。今は昔、って感じでしょうか・・・
  1. 2014/09/11(木) 23:35:59 |
  2. URL |
  3. ふくやぎ #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

noratann

私も娘がこの近くに住んでいた時
いつもこの際を歩いていたのに、入った事がありませんでした。
近くにいると気がつかないものですよね。
模型のミニ出島、全体が見れて良かったです。
原爆が落ちなかったら、状況はかなり違っていたでしょうね~
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2014/09/12(金) 13:00:12 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

自転車親父さま

私も随分旅をしましたが、昔の記憶はあまりないです。
ブログを始めて、学んだり記録に残しておけるので嬉しいです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2014/09/12(金) 13:02:54 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

ふくやぎ様

復元したものが殆どですが、当時を偲ぶことはできます。
タイムスリップして行きたいですね。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2014/09/12(金) 13:05:06 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/864-b6cbcf08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (293)
  旅   (183)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (13)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (18)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR