すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

九州の街道を巡る   天草街道~人吉街道   熊本


天草街道
熊本から天草に続く街道。
江戸時代には幕府の代官や庶民も通行した。

人吉街道
古代から中世は、人吉と鹿児島を結ぶ最重要路で
鹿児島への貢納が輸送された道。
江戸時代は、球磨の相良氏の参勤交代路
または幕府巡検使道だった。


小天(オアマ)・前田家別館
第1回衆議院議員を務めた小天の名門、前田案山子の別邸
明治30年(1897)の大晦日、
五高の英語教授をしていた夏目漱石が投宿した。
漱石はこの時の体験をもとに、後に名作「草枕」を発表した。
前田

マウスオン・クリック、3枚です 
<

「草枕」に出てくる風呂場
マウスオン・クリック、3枚です 
<

前田4
所在地・・玉名市天水町小天 735-1

前田5
前田6

漱石が泊まった「那古井館」
那古井2
那古井館1
那古井館3



峠の茶屋展望公園
明治29年(1896)熊本の高校へ赴任した夏目漱石は
翌年、小天(オアマ)現在の玉名市天水町に出かけた。
その旅の体験をもとに小説「草枕」を発表、漱石の代表作になった。
草枕の一節「おい、と声をかけたが返事がない」の舞台となった茶屋
峠1

峠5

峠2

峠4

マウスオン2枚です 
<
所在地・・熊本市西区河内町岳 5-4
スポンサーサイト
  1. 2014/10/14(火) 09:11:09|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<福島県いわきの海 | ホーム | 九州の街道を巡る   天草街道~人吉街道   熊本>>

コメント

現存する古家屋

 地方にはこのような家屋がまだたくさんあるでしょうね。
「草枕」と熊本に因縁があるとは驚きました。
もう一度、草枕を読みましょう。
  1. 2014/10/14(火) 11:28:57 |
  2. URL |
  3. noran #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
歴史とかには疎いから。
良く分からないですけど。
草枕の風呂が残ってるのは凄いです。(笑)
  1. 2014/10/14(火) 19:03:44 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratanさま
「おい、と声をかけたが返事がない」
山の中の茶店の様子が目に浮かぶようです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
この浴槽を見ると、確かに女湯はお湯を足す口がないので
誰もいないと思って男湯に入ったというのは分かります。
女湯にはどうやってお湯を入れたのでしょうね>
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。

  1. 2014/10/16(木) 20:22:51 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/877-91b3edcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (293)
  旅   (183)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (13)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (18)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR