すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

九州の街道を巡る   薩摩街道~薩摩南街道  鹿児島

ザビエル上陸記念碑
フランシスコ・ザビエルは東アジアへの伝道をめざしてリスボンを出航し、
インド・マラッカなどに渡り、途中飢饉や疫病に悩んだ末、
天文18年(1549)、日本に始めて上陸、キリスト教を伝えたのは、
現在の鹿児島市内の稲荷川河口あたりだった。
上陸地点の記念碑は祇園之洲公園の一角にある。
ザビエル1
ザビエル2
案内したのは、マラッカで一行に加わった鹿児島出身のパウロ・ヤジローだった。
ザビエル一行は、鹿児島で島津貴久の歓迎を受け、布教の許可を得た。
その後仏教徒の反対にあって10ヶ月で肥前の平戸に移った。
1551年、離日の時に鹿児島の青年ベルナルドも同行。
ベルナルドは日本人初の欧州留学生であり、
ローマ法王に謁見しポルトガルの修道院で学んだ。


石橋記念公園
鹿児島市の中心を流れる甲突川には、
江戸末期、肥後の名石工・岩永三五郎指導のもと建造された
5つのアーチ石橋が架けられていた。
なかでも西田橋は、城下の表玄関として豪華に建造され、
篤姫もお輿入れの時渡ったといわれる。
150年の間、現役の橋として県民に親しまれてきたが、
平成5年(1993)8月6日の集中豪雨で、2つの橋が流失してしまった。
残った西田橋・高麗橋・玉江橋の3橋を移設・復元して石橋記念公園を造った。

西田橋西田門
マウスオン・クリック、3枚です 
<

西田門から眺める開聞岳
石橋記念公園4

石橋記念公園5

石橋記念公園8

薩英戦争記念碑
石橋記念公園13
石橋記念公園14
マウスオン2枚です 
<

薩英戦争砲台跡
石橋記念公園9石橋記念公園10

石橋記念公園15

マウスオン2枚です 
<
所在地・・鹿児島県鹿児島市祇園之洲町
スポンサーサイト
  1. 2014/12/24(水) 10:05:55|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<九州の街道を巡る   薩摩街道~薩摩南街道  鹿児島 | ホーム | 九州の街道を巡る   薩摩街道~薩摩南街道  鹿児島>>

コメント

さすが維新の薩摩

 江戸幕府の前は東南アジアで日本人が活躍していたと習ったことを思い出しました。
南国の薩摩が敏感に反応していたのですね。
薩英戦争で英艦隊にもこれほどの損害を出しているなんて驚きました。
薩摩の一方的な敗北ばかりと思っていました。
 薩摩富士と云われるだけあって開聞岳はどこからみても鹿児島のシンボルのようなものですね。
 
  1. 2014/12/24(水) 15:08:32 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
フランシスコ・ザビエルはリスボンから来たんですか。
当時は大変でしたでしょうね。
有名な宣教師だから知ってますよ。
  1. 2014/12/24(水) 21:03:41 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

こんばんは

あの歴史で教わったザビエルですか
よく遠い日本まで来られて鹿児島で布教許されたのですね
西田門から見た開聞岳すばらしくきれいです
  1. 2014/12/25(木) 20:35:37 |
  2. URL |
  3. たなちゃん #c7SWrKlU
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratan
ここに来るまでは薩英戦争の事は歴史で習ったのかもしれませんが、
覚えていませんでした。
この戦争がきっかけになって、薩英の関係が深くなり
イギリスに留学生の送り、明治に活躍した人たちも輩出したと聞きました。
お天気がよくて開聞岳や霧島が見れて良かったです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
ザビエルの記念聖堂は山口や長崎にもありました。
長い船旅、言葉が通じない異国での布教は大変だったでしょうね。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


たなちゃん
アフリカ大陸を廻ってインドを経て日本へ
長い旅だったんでしょうね。
西田橋から見た開聞岳は、絶景ポイントだそうです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


  1. 2014/12/26(金) 01:09:52 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/920-6f1dfad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (169)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (16)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR