すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

九州の街道を巡る   薩摩街道~薩摩南街道  鹿児島

長崎堤防
「親がやろうとて行かれよか高江 高江三千石 火の地獄」の
歌があるように、かつての高江は川内川の汐が流入する
入江状の低水地で、ろくに米もとれない不作地帯だった。
第19代藩主島津光久は小野仙右衛門を奉行に任じ、
この地の大規模な干拓工事を命じた。
延宝7年(1679)に着工し、約8年の歳月を費やして
貞享4年(1687)に長崎堤防が竣工した。
その結果、この辺り一帯は300町歩(約3万平方キロ)にも及ぶ
立派な水田に生まれ変わった。
当時の工法はそのほとんどを人力に頼り、
その上度々洪水に襲われたため、大変な難工事だった。
仙右衛門は苦心の末、鋸の歯形の堤防を考案し、
ようやく川内川の激しい流れを抑えることに成功したが、
そこには仙右衛門の一人娘袈裟姫が人柱となって
身を投じたとの伝説が残っている。
近くには仙右衛門の功績を称える小野神社が祭られ、
川岸の雑木林の中にある岩には仙右衛門が刻んだ「心」の文字が残っている。
長崎1

長崎5

長崎3

マウスオン2枚です 
<

長崎6
所在地・・鹿児島県薩摩川内市高江町

スポンサーサイト
  1. 2014/12/12(金) 09:38:57|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<九州の街道を巡る   薩摩街道~薩摩南街道  鹿児島 | ホーム | 九州の街道を巡る   薩摩街道~薩摩南街道  鹿児島 >>

コメント

 こういう土木遺跡を見ると人間ってすごいなあと感動します。
何気なく生活している我々の周囲には、数え切れないほどの昔の知恵にお世話になっているのでしょうね。
  1. 2014/12/12(金) 14:43:40 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
なるほど、大変な工事だったのでしょうね。
のこぎり型とは考えたものですね。
こちらでも川の氾濫は多かったみたいですよ。
今の荒川は隅田川の氾濫を防ぐために掘った放水路なんですよ。
  1. 2014/12/12(金) 19:20:03 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratan
コンピューターも機械もない時代に、これだけの工事をしたなんて
想像もできません。
人間の能力は限りがないんですね。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
災害がおきる度に、色々な策を考え
素晴しい防災施設が出来てきたんですね。
東京を歩いていても、そういう場面に出会います。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2014/12/14(日) 19:33:42 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/923-b60ea68d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (292)
  旅   (178)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (17)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR