すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

九州の街道を巡る    日向街道・神話街道  宮崎

美々津の町並み
耳川(美々津川)右岸から石並川流域を占め、
西部は尾鈴火成岩の山地、沿岸部は宮崎平野の北縁をなす。
古くから港としてにぎわいをみせ、室町時代には
日明貿易港としても発展していたことが知られ、
江戸時代は高鍋藩の上方交易港、
明治・大正時代は入郷地帯を後背圏とする物資の移出入港となり
美々津はその港町として栄えた。
江戸時代中期の元文5年(1740)には洪武通宝
(洪武帝の時代に中国で作られた銭貨)240枚が
掘り出されたとの記録がある。
当時の建物、敷地割が残り、瀬戸内船運の西端にあたり、
上方風の商家、操船・水運業者の家、漁家が連なり、
国の重要伝統的建造物群保存地区として選定される。
美々津1

美々津2

神武天皇御親率の東征水軍御進発の聖地
日本海軍発祥之地碑
建立 昭和17年(紀元2602年)9月10日、
復元 昭和44年(紀元2629年)9月12日
建立・復元の経緯と碑文の由来
日本海軍は、天皇が統帥(とうすい)された海軍でありました。 
このことから国が、神武天皇御親率の水軍が、はじめて編成され、
進発した美々津の地を「日本海軍発祥之地」と定め、
紀元2600年記念事業の一環として建立されました。 
碑文の文字は、時の内閣総理大臣海軍大将米内光政閣下の揮毫により、
碑面に刻記されたのであります。 
この碑は、大東亜戦争の終戦直後進駐米軍によって碑文が破壊されましたが、
昭和44年に至り地元有志の強い要望により、
防衛庁(現 防衛省)(海上自衛隊)などの協力を得て
現在のとおり復元されたのであります。
平成4年9月12日 「日本海軍発祥之地」碑顕彰保存会
                        説明板より 
              
マウスオン・クリック、3枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

この町のホストはみんな同じ
美々津6

町のあちこちに井戸があって
側には必ず水神が祀ってあった。      マウスオン2枚です 
<

美々津15

美々津16

美々津20

美々津17

美々津22

美々津21

美々津23

美々津24
所在地・・宮崎県日向市美々津町
スポンサーサイト
  1. 2015/04/20(月) 09:41:19|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<九州の街道を巡る    日向街道・神話街道  宮崎 | ホーム | 九州の街道を巡る    日向街道・神話街道  宮崎>>

コメント

歴史はロマン

 平穏な宮崎にいた頃のの日々をみるようです。
日向市は国道10号線から外れて行動したことはなかったような気がしています。
ただ仕事の毎日。仕事に生き甲斐をおぼえていた時期でしたから。
 宮崎の陽光は柔らかですよね。
すたさんは最高の時期にたずねておられるかもしれませんね。
 美々津も、先の戦争で空襲を受けたと宮崎にいるときに聞きましたし、写真も見ました。
あの時ほど、戦争の怖さを感じたことはありません。
  1. 2015/04/20(月) 13:28:01 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんわ
強風舞う月曜日ですね
ここのまちなみは写欲をそそられますね
木 水 山 色々な信仰があるものです
その地に適した祭りものになるでしょうか^^
  1. 2015/04/20(月) 18:03:18 |
  2. URL |
  3. もひかん鉄っちゃん #1Tmake9s
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
古い町並みが残ってますね。
良いですね。
行ってみたくなりますよ。
  1. 2015/04/20(月) 19:59:56 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratan
宮崎は本当に良いところでした。
出雲を廻った時には、神話に首をかしげながらの旅でしたが
宮崎では素直に受け入れられました。
過日、我が街も戦場だった。というドラマを観ました。
広島・長崎の原爆投下、東京大空襲そして沖縄だけでなく
知られていない幾多の地でも、爆撃され数えきれない人々が苦しみ、
命を落としています。
1945年以降も世界のどこかで戦争が絶えません。
日本は憲法九条があるおかげで戦争に巻き込まれないで今日まで来ました。
何としても憲法改正を阻止したいです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


鉄っちゃん
日本の信仰の始まりは自然崇拝だと聞きました。
高い山、何百年も生き続けた大木、大きな石
それらの生命力を崇め讃え、頭を垂れる
それこそが信仰なのかもしれません。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
この街も素敵な街並みが残っていました。
なによりも嬉しいのは、地元の方々がそこで暮らしていることです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2015/04/22(水) 19:24:57 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/953-0db81b86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (168)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (16)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR