すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

九州の街道を巡る    日向街道・神話街道  鹿児島

平和の塔
高さ37m、塔の四隅には和御魂(ニギミタマ)・幸御魂(サチミタマ)
奇御魂(クシミタマ)・荒御魂(アラミタマ)の四つの信楽焼の像、
正面中央に秩父宮雍仁親王の書による「八紘一宇」の文字が刻まれている。
内部には神武東征などを記した絵画があるが非公開。

マウスオンして下さい。


八紘一宇(ハッコウイチウ)とは、
古代中国でしばしば用いられた慣用句を元とし、
道義的に天下を一つの家のようにする、という意味
マウスオン2枚です 
<

武人を表現 荒御魂
荒

農耕人を表現 幸御魂
幸

漁人を表現 奇御魂
奇

商工人を表現 和御魂
和


はにわ園
宮崎県の西都市には国の特別史跡である西都原古墳群があり、
そこから出土した「舟形埴輪」や「子持家形古墳」は
貴重なもので国の重要文化財に指定されている。
平和3

平和5

平和4

平和6

平和7
所在地・・宮崎県宮崎市下北方町越ヶ迫 6146


佐土原城跡
中世の典型的な山城で自然の地形を利用した佐土原城は
難攻不落の城であり、伊東氏の日向国48城支配の要の城だった。
平成9年の発掘調査で佐土原城は、
山城には珍しく南九州では例を見ない天守台(天守閣)を備え、
金箔瓦を使っていたことが、明らかになった。
元亀3年(1572)に、日向国の支配をかけて
火蓋が切られた木崎原の戦いで伊東氏は島津氏に破れ、
島津義弘の弟島津家久が佐土原城主となり島津の支配下となった。

豊臣秀吉の九州遠征で島津氏は敗れるが、
佐土原は島津家久に安堵されるが
関ヶ原の戦い(1600)に敗れた佐土原はその後、幕府直轄領となり、
1603年に島津以久が佐土原藩の藩主に命ぜられ、
代々支配を続けて明治を迎えた。
この間、佐土原城は日向国の政治・文化の中心地として栄えた。
佐土原1

佐田原1

佐土原2

佐土原3
佐土原4
所在地・・宮崎県宮崎市佐土原町上田島 8202-1

スポンサーサイト
  1. 2015/04/07(火) 09:48:37|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<< | ホーム | 九州の街道を巡る    日向街道・神話街道  宮崎>>

コメント

懐かしく拝見しました

 どれもこれも懐かしいものばかりです。
埴輪はブログの中にふたつほど記憶にあるものがあったので、とてもうれしく拝見しました。
佐土原は薩摩の支藩とは聞いていましたが、いろいろあったのですね。
私が居た頃まで、日向人は薩摩人をひどく嫌っていました。
特に、西南戦争で薩摩軍が退却するときのことが根にあるように思われました。
 「綾」や「西都市」にも行かれましたか。待ち遠しいです。
  1. 2015/04/07(火) 11:23:31 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんにちは

また九州を巡っておられるのですか。
すごいことですよ。
すべてのものを見ていこうという姿勢に
感服します。がんばってください。
  1. 2015/04/07(火) 17:44:48 |
  2. URL |
  3. 枯雑草 #HHMXdmBQ
  4. [ 編集 ]

こんちわ
最初から5枚目までこれ日本??でした
中国から伝わるものなのですね
それにしても日本とは思えません
  1. 2015/04/07(火) 17:51:51 |
  2. URL |
  3. もひかん鉄っちゃん #1Tmake9s
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
埴輪の里みたいのがありますね。
関東でもこう言うのありますよね。
行ったことないけど面白いかも。
  1. 2015/04/07(火) 19:28:38 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratan
埴輪はもっと沢山ありましたが一部だけ載せました。
宮崎の人が薩摩人を嫌いなのは、西南戦争以来でしょうか?
今でもお互いにあまりよく言わないようですね。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


枯雑草さま
今回、宮崎を巡って、後は大分を残すだけです。
観光目的で廻った時よりも充実していて楽しいです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


鉄っちゃん
古代中国の言葉が日本書記に引用されている。
日本書記や古事記は、中国4000年の歴史に対抗して
天皇を正統化するものだという説がうなずけます。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
日帰りで行ける所があれば、行ってみたいですね。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


  1. 2015/04/08(水) 15:36:04 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/954-d2e916e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (177)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (17)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR