すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県中津市

青の洞門1
マウスオン2枚です 
<


青の洞門
寛延3年(1750)に第1期工事が完成し、最終的に開通したのは宝暦13年(1763)。
諸国遍歴の旅の途中ここに立ち寄った禅海和尚が、
断崖絶壁に鎖のみで結ばれた難所で通行人が命を落とすのを見て
ここにトンネルを掘り安全な道を作ろうと、
托鉢勧進によって掘削の資金を集め、
石工たちを雇ってノミと槌だけで30年かけて掘り抜いた。

歌川広重の「豊前 羅漢寺 下道」には、
この洞門が豊前国の名所として描かれている。
マウスオン2枚です 
<


青の洞門7

青の洞門8
天 井
青の洞門10

青の洞門11

青の洞門12

青の洞門13

青の洞門16


第1期工事の完成後には、通行人から人4文、
牛馬8文の通行料を徴収したという話が伝わっていて、
この洞門は日本最古の有料道路ともいわれている。


青の洞門15

明治39年~明治40年にかけて陸軍日出生台演習場への
輸送路整備のために大改修が行われ、車両が通過できるよう拡幅された。
青の洞門17

青の洞門18

青の洞門19

青の洞門20

マウスオン2枚です 
<
所在地・・大分県中津市本耶馬渓町樋田


菊池寛の「恩讐の彼方に」は、
禅海和尚の逸話を元にして書かれたもの。
青の洞門23


スポンサーサイト
  1. 2015/07/29(水) 10:00:23|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県中津市 | ホーム | 九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県宇佐市>>

コメント

青の同門

 懐かしい!

 昔のままです。
耶馬溪の秋の紅葉が有名なんですが、一番紅葉したときに出くわしたことは一度もありません。いつも早いか、遅い。
夏の耶馬溪もいいですね。
  1. 2015/07/29(水) 17:10:08 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
偉い坊さんがいたものですね。
昔は坊さんて凄い人がいたんですね。
今はみな生臭ですか。(笑)
  1. 2015/07/29(水) 19:04:38 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratan
あまり小説を読まない私も、恩讐の彼方にとか平家物語
耳なし芳一などは知っていて、一度は訪ねたかった所です。
薄暗い洞窟を歩きながら、往時の難業に想いを馳せました。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さん
先日、弘法大師が創築したという満濃池に行きました。
昔のお坊さんは偉大でした。
今とはだいぶ違いますね。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


  1. 2015/07/30(木) 17:19:28 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/993-c5ff5b85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (177)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (17)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR