すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

深大寺 

だるま市
だるま市1

だるま市2

だるま市3

だるま市4

だるま市6

だるま市7

だるま市19

だるま市23

だるま市24

だるま市28

だるま市29

だるま市33

だるま市35

だるま市36

だるま市38

だるま市32


だるま市11

マウスオン2枚です 
<

だるま市13
だるま市15
だるま市16

だるまさんだけじゃないんです
だるま市9

だるま市10

だるま市17

だるま市18

だるま市39

参道には沢山の屋台が出て、お好み焼き、ケバブ、
串さし肉、鮎の塩焼き、あんず飴にわたあめ、
数え切れない・・・私はケバブとシャンピンを食べました。
美味しかった。
  1. 2017/03/06(月) 10:33:08|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

丹後半島の旅

丹後鉄道
宮津線と宮福線の二つの路線をいう。
社名の「タンゴ」は、路線の所在する地域の旧国名の
丹後国に由来し、音楽のタンゴにも掛けたもの。
丹後15
丹後16

今回は宮舞線の宮津から四所までの5駅の旅です

車窓からの眺め
丹後1

丹後2

丹後3

丹後4

丹後5

丹後6

丹後7

丹後8

丹後9

丹後10

丹後11

丹後12

丹後13

丹後14
四所駅
丹後17



五老ヶ岳公園
舞鶴のほぼ中央に位置する五老ヶ岳。
その山頂にある五老ヶ岳公園は、眺望の美しいことで知られている。
若狭湾国定公園の一部をなす舞鶴湾の複雑に入り組んだ海岸線や、
紺碧の海に浮かぶ緑の島々・・・変化に富んだ景観は、
「近畿百景」の第一位に選ばれている。
季節ごとに装いを変える景色は、新緑の春、
海が碧く輝く夏、山が紅葉する秋、雲海が広がる冬と、
一年を通じて多彩な表情を見せる。

五老スカイタワー
五老ヶ岳公園1

五老ヶ岳公園2

五老ヶ岳公園3

五老ヶ岳公園4

五老ヶ岳公園5
所在地・・京都府舞鶴市上安

  1. 2017/03/03(金) 10:27:12|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

丹後半島の旅

出石城下町

辰鼓楼
楼閣本体は明治4年(1871)の完成。
辰の刻(7時~9時)の城主登城を知らせる太鼓を叩く楼閣だった。
出石1


永楽館
明治34年(1901)に竣工した100年以上歴史を持つ
建築の劇場で、現地に現存する劇場建築としては
日本最古とされる。
(現存する日本最古の劇場は旧金毘羅大芝居 金丸座)
土壁と太鼓楼を特徴とする外観および、
直径6.6㍍の廻り舞台、奈落、花道、すっぽん(セリの一種)
といった舞台機構、舞台用衣裳や上演記録が現存する。
出石3

出石4

出石5

出石6

出石7

出石8
所在地・・兵庫県豊岡市出石町柳


おりゅう灯籠
日本海から30石級の大船が出入りしていた船着場。
川の端には蔵屋敷、塩蔵などが並び
灯籠の北側に関所もあり、特に塩蔵が軒を並べていた。
鎌倉時代の悲恋物語の主人公「おりゅう」の名にちなんだもの。
出石9


宗鏡寺 (スキョウジ)
元中9年(1392) 山名氏の菩提寺として入佐山の麓に創建された。
開基は山名氏清、開山は東福寺の大道似禅師。
寺号は氏清の法号である宗鏡寺殿に由来する。
山名氏滅亡後、永らく荒廃していた寺は、
出石城主・小出吉英のすすめを受けた沢庵により再興された。
沢庵は将軍徳川家光に使えていたが度々故郷の出石に戻り、
通算30年以上を当寺で過ごした。沢庵の墓所は境内に在る。
出石10

出石11

出石12

出石13
所在地・・兵庫県豊岡市出石町東條33


家老屋敷
白亜の土塀と長屋門のあるこの屋敷は、
高級武士(家老級)の居宅として使われたもの。
出石城の内堀の近くで、江戸時代後期の上級武士の居住区だった
内町通りに面して建っている。
建物の外観は、平屋建に見えるが、
内部には隠し階段が仕組まれている二階建。
二階は刀を使い難くするためか天井は低く造られ、
襲撃に備えて屋根上への通路がある。
出石14

出石15

出石16
所在地・・兵庫県豊岡市出石町内町98-9


クリックして下さい⇒2013年にアップした出石城下

今回は前回載せなかった所をアップしました。


続きを読む
  1. 2017/02/28(火) 09:26:03|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

丹後半島の旅

出石城址

山名氏の最盛期、但馬国守護となった山名時義が、
出石神社の北側の此隅山(コノスミヤマ)に城を築いた。
此隅山城は長らく山名氏の本拠だったが、
永禄12年(1569)の織田軍の羽柴秀吉による但馬遠征で落城した。

登城橋と登城門
マウスオン2枚です 
<

本丸西隅櫓
出石城址3
出石城址5

出石城址4

本丸跡
出石城址11

出石城址12

出石城址16

感応殿    マウスオンして下さい

出石城址14


有子山稲荷神社
出石城最上段の本丸のさらに一段高い場所にある曲輪稲荷郭に
1604年の築城時から現在地に鎮座する城の鎮守。
城郭内にありながら、江戸時代から身分を問わず参詣が許可されていた。
出石城址8
城の麓から始まる石段の参道には37基の鳥居が並び、
出石城址6
157段上った右手に稲荷郭があり、その奥に社殿がある。
出石城址19

出石城址20 出石城址21

出石城址22

出石城址23 出石城址24
拝殿と本殿   マウスオン2枚です 
<

惠方稲荷大明神
出石城址27

この稲荷郭からは出石の町並みを一望できるので、多くの人が訪れる。
出石城址28

出石城址29

石段をさらに登ると有子山城跡に至る。  
城の名の由来は、それまで本城だった此隅山城(コノスミヤマジョウ)が落城し
築城の時に此隅(子盗)を嫌って、有子にしたという
出石城址18
クリックして下さい⇒有子山城趾


鳥居の参道を下って
出石城址30

出石城址31

右に下りていくと
クリックして下さい⇒諸杉(モロスギ)神社がある
出石城址38

出石城址39 出石城址40

出石城址41 出石城址42
拝殿と本殿    マウスオン2枚です 
<



出石城址34
出石城址33
川下社
出石城址36
出石城址37
所在地・・兵庫県豊岡市出石町
  1. 2017/02/25(土) 10:24:24|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

丹後半島の旅

城崎温泉
平安時代から知られている温泉で、1300年の歴史をもつ。
江戸時代には海内第一泉(カイダイダイイチセン)と呼ばれていた。
城崎温泉駅前から7つの外湯につながる大谿川沿いに
温泉街を形成し、川べりの柳が風情ある。
基本的に七湯ある外湯めぐりが主体の温泉。
知名度と京阪神からのアクセスの良さにもかかわらず、
歓楽色の少ない閑静な情緒が特徴。

城崎温泉1
地蔵湯
城崎温泉2

城崎温泉3

城崎温泉5
Family Martの建物も街の雰囲気にとけ込んで
城崎温泉4

城崎温泉6

浴衣を着て下駄を履くのが正装と言われているでけあって
浴衣姿の人達が買物や散策を楽しんでいる
城崎温泉7

城崎温泉8

城崎温泉9

城崎温泉10

城崎温泉11

城崎温泉12

城崎温泉13

城崎温泉14

城崎温泉15

城崎温泉16

城崎温泉17

山陰本線   マウスオン2枚です 
<

大谿川の青鷺   マウスオン2枚です 
<
所在地・・兵庫県豊岡市城崎町


  1. 2017/02/22(水) 09:30:00|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
前のページ 次のページ

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR