すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

山陽道㉓  福岡県北九州市

和布利神社(メカリジンジャ)
神功皇后の三韓征伐後奉祀されたもので
仲哀天皇9年(200)創建。
古くは「隼人明神」とも呼ばれた。

壇ノ浦の戦いの前夜には
平家一門が酒宴を開いたと伝えられる。

海峡の守護神として崇敬を集め、
建武3年(1336)足利尊氏、
応永年間(1394年~1428年)大内義弘、
天正3年(1575)仁保常陸介などによる
諸社殿の修築造営された。
現社殿は明和4年(1767)小倉藩主小笠原忠総の再建による。
和布利神社1

和布利神社2

和布利神社25
和布利神社26

マウスオン2枚です 
<

和布利神社5

和布利神社3 和布利神社4
マウスオン2枚です 
<
裏に廻って
和布利神社24

和布利神社8
猿田彦大神石碑
和布利神社9)

和布利神社10
和布利神社11
和布利神社12

海からの参道かしら?
和布利神社23
マウスオン2枚です 
<


海洋散骨
和布利神社21
和布利神社22


和布利神社19
和布利神社20
所在地・・福岡県北九州市門司区門司3492


  1. 2018/07/04(水) 10:10:06|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

山陽道㉒  山口県下関市

壇ノ浦
壇ノ浦6

平安時代の末期の元暦2年/寿永4年3月24日に
長門国赤間関壇ノ浦(現在の山口県下関市)で行われた戦闘
栄華を誇った平家が滅亡に至った
治承・寿永の乱の最後の戦い

マウスオン2枚です 
<

クリックして下さい⇒壇ノ浦の戦い

壇ノ浦3

壇ノ浦5
壇ノ浦4-1

マウスオン2枚です 
<

壇ノ浦7
壇ノ浦8


マウスオンして下さい

壇ノ浦10

壇ノ浦13
壇ノ浦11
所在地・・山口県下関市みもすそ川町 1



関門トンネル
関門トンネル1
関門トンネル2
関門トンネル3
関門トンネル4
関門トンネル5
関門トンネル6
関門トンネル7
関門トンネル8
関門トンネル9
IMG_5038.jpg


本州から九州まで歩きました(笑)


  1. 2018/07/01(日) 09:28:56|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

山陽道㉑  山口県下関市

赤間神社
貞観元年(859)に阿弥陀寺として開闢
文治元年(1185)の壇ノ浦の戦いで入水した
安徳天皇の遺体は現場付近では発見できなかったが
赤間関(下関)に建久2年(1191)、勅命により御影堂が建立され
建礼門院ゆかりの尼を奉仕させた
以後、勅願寺として崇敬を受ける

明治の神仏分離により阿弥陀寺は廃され
神社となって「天皇社」と改称
また、歴代天皇陵の治定の終了後
安徳天皇陵は多くの伝承地の中から
この安徳天皇社の境内が明治22年(1889)7月25日
「擬陵」として公式に治定された
天皇社は明治8年(1875)10月7日、赤間宮に
昭和15年(1940)8月1日、赤間神宮に改称した
赤間神社1
水天門
赤間神社2
マウスオン2枚です 
<


赤間神社3
赤間神社4 赤間神社5
赤間神社6

赤間神社7 赤間神社8
赤間神社9
外拝殿   マウスオン2枚です 
<

赤間神社15

天神社
赤間神社14

鎮守八幡宮   マウスオン2枚です 
<


赤間神社22
赤間神社21

耳なし芳一
赤間神社17
マウスオン2枚です 
<

高浜 虚子の句碑  
七盛の 墓包み降る 椎の露
赤間神社19

平家一門の墓
赤間神社20

境内の横の参道を上って行く
赤間神社25

赤間神社26

赤間神社24
マウスオン2枚です 
<

赤間神社29
祖霊殿
赤間神社30

赤間神社33
赤間神社32

赤間神社36
赤間神社34
マウスオン2枚です 
<

赤間神社40
赤間神社39

赤間神社41

赤間神社42
所在地・・山口県下関市阿弥陀寺町4-1


  1. 2018/06/28(木) 10:27:55|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

山陽道⑳   山口県下関市

本陣 伊藤邸
伊藤邸1
伊藤邸3
伊藤邸4

伊藤邸2

伊藤邸6
伊藤邸5
所在地・・山口県下関市阿弥陀寺町5


本陣伊藤家に隣接した老舗ふぐ料理店春帆楼
春帆楼1
マウスオン2枚です 
<

春帆楼4

日清講和記念館
日清講和記念館1

日清講和記念館2
日清講和記念館3
日清講和記念館4

伊藤博文像と陸奥宗光像
当時内閣総理大臣と外務大臣
日清講和記念館5

日清講和記念館
日清講和記念館6

日清講和記念館7
所在地・・山口県下関市 阿弥陀寺町4−2



目の前の海岸に朝鮮通信使が上陸した
朝鮮通信使3

朝鮮通信使1

朝鮮通信使2


  1. 2018/06/25(月) 13:25:10|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

山陽道⑲   山口県下関市

亀山八幡宮
貞観元年(859)、行教が宇佐から
石清水へ八幡神を勧請する途中
当時は島だった亀山に碇泊した。
その時、「この山は清浄な地であるので、
しばらく祀ってから先へ進んでほしい」と
神託があったため亀山に行宮が設けられた。
この行宮が当社の起源だという。

関門海峡鎮護の神社として
歴代領主の大内氏・毛利氏らの崇敬を受け、
下関の総鎮守、長門国三宮とされた。
亀山八幡宮1

亀山八幡宮18 亀山八幡宮19

マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

亀山八幡宮11
亀山八幡宮10

亀山八幡宮14
マウスオン2枚です 
<


亀山八幡宮15
亀山八幡宮16


亀山八幡宮20 亀山八幡宮21

マウスオンして下さい


亀山八幡宮23
亀山八幡宮24


亀山八幡宮25
亀山八幡宮26

境内には、山陽道の終点を示す碑が建てられている
亀山八幡宮27
亀山八幡宮28

マウスオン2枚です 
<
所在地・・山口県下関市中之町1-1


  1. 2018/06/22(金) 10:59:55|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
前のページ 次のページ

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR